skip to Main Content
MENU

働き方改革を牽引する株式会社ワーク・ライフバランスでOS21を実施

ワークショップの模様

働き方改革は、一人ひとりの意識改革。
働き方改革のアイコンである株式会社ワークライフバランスの小室社長率いるコンサルタントの皆様に、社員の意識改革を促進するツールとしてOS21をご紹介いたしました。

働き方などの企業変革を行う上では、他者任せにするのではなく、
組織の中の人がチェンジメーカーとして主体的な推進者になることが求められています。

主体的に動くためには、「やらなければならない」という強い理由(動機の源)を持ち、人がそれぞれ異なる個性やモノの見方(多様性と認知)を活かし他者と合意しながら(対話)、経験を振り返っていく(リフレクション)必要があります。

このようなチェンジメーカーが育つ組織をつくるためにどうすれば良いのか、ワークを通じての研修を行いました。
企業の働き方変革を推進しているワーク・ライフバランス様には、
OS21のコンセプトに大変共感いただき、コンサルティングに活かせる学びがあったとの感想をいただきました。

Back To Top