skip to Main Content
MENU

多様性の活かし方

多様性 - OS21

OS21の多様性とは人それぞれの「違い」を尊重し、優劣をつけないことを指します。勉強ができる子、歌が上手な子、友達と仲良くするのが得意な子がいた場合に、日本では勉強ができる子が評価を受けやすい実態があるようです。しかし本来これは才能の違いであって、どちらかが優れているということではありません。また、日本では同質性を求めることが多く、自分と同じような性格や趣味趣向、年齢、職業など近しい人で集まる傾向があります。しかし、困難なチャレンジをする時やイノベーションを起こしたいときなどは、できるだけ多様な個性や専門性をもった人を集めチームを設計し、強みを活かし合うほうがより大きな成果を出せると言われています。

多様性を活かすには、チームメンバーに互いの個性と専門性を共有して、それぞれの特性が活かせる役割分担を意識すると良いでしょう。またチームや組織を設計する時に、それぞれの個性と専門性が生きる組み合わせを行うことも有効です。

Back To Top