MENU

対話 - OS21

善い変化は1人では起こせない。自分の考えを押し通す討論型ではなく、内省と共感を通して相互によい影響を与え合う対話型で話し合う力が不可欠である。
他者とのコミュニケーションを通して学ぶためには、自分と他者の考えや意見についてより深く理解する必要がある。この深い理解を実現する上で有効な手段が対話である。
対話を通して、自己の認知の枠に気付き、柔軟な思考を手に入れることができる。人々が共創の域に入ると、人と人の間に思考の境界線も存在しない。

保存